長崎|新大工ピアノ教室

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
ドアの外で子供の姿の影がチラッと見え、声がします。 教室に入りたい?と躊躇している様子が伺えます。 私がドアをサーッと開けたら・・・新鮮な空気と共に現れたのは生徒でした。 「先生、これ!」と袋を差し出す。 「あー。バレンタインね、ありがとう」 箱を開けたら手作りお菓子の可愛いデコレーション。 そしてパッケージがお洒落で素敵! センスが良い手作りにパチパチと胸の内で拍手する。やはりハートが満載ね。美味しく戴きましたよ。ありがとう。
生徒のピアノの音が変わる時期があります。レッスン中に 「あー、良い音を出しているなあ?」と惚れ惚れしながら先生が聴いていたら、ソファで待っていらっしゃったお婆様がレッスン室入り口まで立ち上がって覗かれました。 「素晴らしい音ですよね。」とお伝えたら、 「先生なのかなあ?と思って覗いたら、うちの孫だったのですね」 「でしょう!魅力的な音でしょう」先生とお婆様と共に納得しました。 (笑) 日々の練習の積み上げと、年齢の成長とで音の成長に遭遇することがあります。 そんな時のレッスンは心が弾みますね。 勿論、弾きこなす事も大切ですが、魅力的な音には、惚れ惚れ致します。 先生のレッスンの意図を汲んで練習には励んで下さいね。 皆さんの成長を楽しみしております。

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
今年もコロナ禍の為に、長崎ランタンフェスティバルは中止になりました。しかし希望を照らすランタンは飾ってあります。 でも昼間もこんなに人は居ないのです。いつもでしたら、観光客や修学旅行生が記念撮影をされて賑やかな眼鏡橋ですが・・・ こんなに寂しいランタンの眼鏡橋です。 来年こそはランタンフェスティバルが開催されますように・・・願います。

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
幼い時からピアノレッスンを継続し、教室を卒業されたお母様からのメッセージをお伝えしましょう。 現在、在籍されている生徒さん達へのメッセージです。
ー ー ー ー ー
娘が卒業してから、先生にお伝えしたかった思いです。
先生の教室に通って本当に良かったと思っております。
卒業してから思いました。 親子で成長できたのです!
娘が就職して厳しい仕事を張れるのも、何事もやり抜くことが出来ているのも 全てピアノを続けてきたお陰だと感謝しております。
また、コンクールの全国大会へ母娘で旅行出来たことも良き思い出です。
教室に通っている生徒さん達にお伝え下さい。
今を楽しんで大切に学んで過ごして下さい。
きっと将来に素敵な宝物になりますよ。
ー ー ー ー ー
日々、生徒達の事と、ピアノの演奏が生徒達に一生添うことができるように、と過ごしています。こんなに成長したことを真摯に受け止めて下さり感無量のメッセージでした。音楽の表現は技術は勿論ですが、それ以上に勝るのは心です。 心の表現です。自然への喜怒哀楽や他人を思いやる心。 それをお母様方は、お子様へお伝え下さい。 きっと素敵な音楽を奏でるように成長しますよ。 こちらこそありがとうございました!

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
節分って気温が低くなりますよね。 「やはり寒いですね。」との言葉が行き交います。 節分のお豆さんの準備を怠っていたら・・・ じゃり豆を戴きました。ラッキー!(嬉) 大豆豆と違い、これは美味しいのです。 (じゃり豆の存在を忘れていましたぁ・・) そして、 たくさんの幸せがある一年になりますように! の一節が添えられていました。 お若いのに節分の意味を熟知されての心遣いに感謝!でした。
それから、更にきゃあ!と歓喜の声を出す。 佐賀産の「いちごさん」 ネーミングが最高!可愛いと思いませんか? (私だけ?ありそうでなかったネーミングの可愛らしさ。これからは、全ての苺にいちごさんと言いたい。いちごさんを買いに行ってくる、ってね) 今年も色んなお味の美味しいいちごさんに出会いたいです。 最後に、 大変な状況、不安な毎日ですが、お気をつけて、先生、お元気でいて下さい! との言葉に、しみじみ感じなから、笑ってしまいました。 はい、は〜い。子供達から活を戴いて元気で、その活を生徒達に戻します。(笑) 今年も素敵な1年になりますように・・・と手を合わせました。

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
バレンタインにはまだ遠いですが、生徒さんからラブレターを戴きました。(嬉) 遠い所から引越してきて、新大工教室を選んで下さいました。とても嬉しいです。 そしてレッスンは、基礎のリハビリが続いております。 前の指導との違いに戸惑って、「こころが折れないかなあ?」と心配していましたが、「短い月日の中で沢山の事を教えてくれてありがとう。 ピアノを上手になりたい。」と書いてありました。 しっかりした気を持って、練習に励んでいます。それに、演奏が変わってきました。喜ばしい事です。 通りすがりのピアノのお稽古にならずに、真のお稽古になりますように、熱心に指導したいと思います。 あー。舞台で輝かせたい・・・

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
最近は珍しいお野菜が在りますね。 今日は大根3種類です。 珍しいのは、真ん中の小さな大根(紅葉ラディッシュ) 買ってから「うん?ラディッシュの親分?」 と思いましたが? 切ってみて驚いた。 中身は、濃い紫色でしたよ。これは使い様があると出会いにホクホク。 にんじん色は、「これは人参ですか?」と聞いたら大根でした。中身は白色。 「え?皮しか彩れない」野菜の買い物が楽しかったし、酢の物が美味しかった。
レッスンの継続と年齢成長で学ぶべき事にバッハに突入します。教室でもインベンションを学び始めた数人の小学生がいます。(音楽専門には進みませんよ。あくまで趣味ですが、教養です) 急なバッハにおっかなびっくり?(笑)しないように、プレで一歩を踏み出しますが、レッスンでのバッハも困難極まりです。 でもこれも、明日の為に今日の一曲!と、ばかりに慣れさせています。 難しい!と頭を抱えていた生徒が「バロックは大好き!」と変身を遂げるから、あら不思議! 同じスタートを切った小学生数人。 「さあ、誰が早くに仕上がるかなあ」と 負けん気出してと言わんばかりに背中を押している日々です。

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
毎年恒例の(笑)ヒヤシンスが花開きました。 水栽培と土栽培のヒヤシンスです。 良い香りが微かに漂います。 花が開いてくると、重たくなりあらゆる方向へ頭を傾げるのですよ。 ヒヤシンスが開くと、春は間近です。    コロナ禍でグループレッスンが無い状態です。 仲間を見て学び取るのが難しくなりました。(泣) レッスンの時に説明しても、指導して幼い子は他人事なので直しません。また比べる事ではありませんが、必要な時は、仲間の動画や写真を見せます。勿論、誰?ってわからないように。 すると瞬時に直すのです。(笑) (負けん気がある・・と胸の内でニヤリと笑う) 明日の小さなピアニストを育てる為に、今日のレッスンがあります。


{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
ミニトマトを湯むきして出汁に漬け込みました。勿論、サラダに添えます。 湯むきはひと手間ですが、美味しくなります。 以前お知り合いの方が、「主人がトマトは湯むきしないと食べないから・・」と仰って。 少し時間があると湯むきするようになりました。 レタスは彩りで使用しますが、他の野菜でサラダに加える出汁漬けトマト。  お気に入りです。
ピアノや楽器の練習は時間や手間暇がかかります。気を抜いたら、休むと次の練習がしんどいですね。日々の練習はサボりた〜い。 (興味を惹かれ事が多い生活です) 特に幼い子供さんにはお母様の手助けが必要なのです。現代の多忙なお母様がお子様のピアノにお付き合いするのに時間を割かれるのは大変だと思います。 でも幼い子供さんだからこそ手助けが必要なのです。「あー、しんどい。直ぐには弾けないし〜」 と仰っるお母様。 でも諦めないで補助をお願い致しますね。 幼いからこそ、練習をサボると直ぐに忘れるし 弾けないのです。しんどくてもピアノに付き添いされたお母様が「サボっていたら下手になってた〜」その事に気付いたお母様は偉い!(笑) 「練習はね。明日の為に今日の練習があるの。 3年後5年後に楽しみがありますよ。」 幼い生徒さんの手応えがあったら、必ずお母様に声掛けをします。 「大変だったでしょう。今日は大変良くできましたよ」 苦笑な表情と共に「はい、言うこと聞かないです。でも弾けるとこちらも嬉しくて・・」 地道なピアノのお稽古ですが、お子様と頑張ってみてくださいね。

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
ポンカンと、珍しい?黒みかん、なる物を戴きました。 皆様、黒みかんをご存知ですか?私は人生初の見聞きです。 「庭で収穫したポンカンと黒みかんをあげますね。酸っぱいのは大丈夫?なの?」 「酸っぱいのは大丈夫ですよ。でも黒みかんって。初めてなんですが・・」 胸の内での想像の黒蜜柑は、すみ黒のイメージが浮かぶ。それがバレたかな?(笑) 「中身が真っ黒ではないですよ。蜜柑より少し暗い,濃い色なのよ」との説明。 「珍しいのをありがとうございまーす」 初めての物に、黒蜜柑って何?何?と、興味津々での足取り軽く。
さあ、見て戴けるように輪切りにしました。 奥はポンカンです。手前が黒みかんです。 形と外の色は、蜜柑と変わりませんね。綺麗です。 切ると・・・ やはり色が違う。 ポンカンの色と違いますよね。 食べる・・・あー・・・すっすっぱーーい!(笑)顔をしかめましたぁ。
翌日に「珍しいお蜜柑をありがとうございました!」 と、お礼を伝えると・・・ 「酸っぱかったでしょう!」 いいえ、とお世辞にも言えずに正直に「はい!」(笑) 「実は、ひと月くらい熟成するんだったの。収穫したのを直ぐあげたね、と主人に言われてしまって、ごめんなさいね」 「いえ、いえ、黒蜜柑って初めてだったのでありがとうございました。蜜柑の木はどれくらいになるのですか?」 「木を植えて10年くらいかしらね」 そうなのですね。 私は10年もの間、黒蜜柑なる物を知らなかった。 これでひとつ物知りになりました。 「庭や畑での無農薬の栽培はいいですね。」 と伝えてると 「単なる放ったらかしなのよ」でした。(笑)

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

こちらは 長崎市「新大工町ピアノ教室」です。 ご訪問いただきありがとうございます。
博多の明太子です。明太子は瓶入りですが、「MENTAI」のデザインにワクワク。これは初めて見ました。これ好き〜!いいネ! 小さな瓶ですが、きちんと2腹入ってましたよ。 そんなに、がむしゃらに食べるわけではないから、美味しいのを少しだけ、素敵!に。(笑) ご飯を・・炊く。 あれ?もち麦、麦を切らしてましたぁ。めちゃくちゃに残念。(白ご飯でないから明太子が絵にならない・・) 気落ちしながら,雑穀米のご飯をしかたなく。 それも季節はずれのお茶碗を選んでしまいましたね。 でも昆布味の「MENTAI」が美味しくて食欲が増加。(写真の事は吹っ飛びましたぁ) 写真より食欲が勝った!(笑) 寒い日にお腹いっぱいに食べたご飯でした。
寒い日が続いているのでお野菜たっぷりの酒粕汁で温まります。出汁は勿論ああご出汁です。 大根、人参、長ネギ、さつまいも、菜花。 意外にさつまいもが美味しかった! たっぷり作りたっぷりと食べたご飯でした。 豚汁と違って酒粕汁は長時間身体の中が発酵しているのを感じましたね。 頑張る元気には食べること・・ 今日もおご馳走さまでした!